会社設立から助成金や補助金の申請はお任せ下さい
行政書士 社労士事務所 労務コンサルティング株式会社
092-753-8699
10:00~18:00(月〜金)

小規模事業者持続化補助金申請

小規模事業者持続化補助金:採択される必勝法はテンプレート活用

 小規模事業者持続化補助金とは、販売促進をした時にかかった経費の補助を受けられるという補助金制度です。 2020年はコロナショックの影響で上限が50万→100万円→150万円へと拡大されました。また、名前が非常に似ている持続化給付金とは全くの別物であるので、その点は間違えないようにしましょう。

 以下に当てはまる方は、この補助金の対象となる可能性があります。

  • 会社経営者・個人事業主
  • 2020年中に新規開業をした方
  • 今後販路開拓予定がある方

 ただし、小規模事業者持続化補助金は補助額が大きいという魅力的な半面、持続化給付金やその他の補助金・給付金制度と比べるとハードルが高く、要件が厳しかったり書類を整えるまでが大変だったりといったデメリットがあります。 そういったデメリットを解決する一番の方法はテンプレートを活用することです。今回は、小規模事業者持続化補助金の概要と採択までのハードルが高い理由、そして、テンプレートの活用がなぜお勧めなのかについて解説します。

h2 小規模事業者持続化補助金の概要(2020年度)

 繰り返しになりますが、この補助金は小規模事業者が販路開拓に関する経費を補助してもらえるという制度です。補助率・補助額、申請対象、支給基準の詳細については以下の通りです。 

補助率・補助額

  • 補助率:対象経費の2/3または3/4
  • 補助上限額:100万円もしくは150万円

※補助率と補助上限額は、一般型かコロナ型かで異なる

申請対象

  • 正社員20名以下等(※業種によっては5名以下)
  • 病院・クリニック 不可
  • 風俗営業 不可

支給基準

  • 販促・集客のための計画書を提出し、それが認定・採択されたこと。
  • 販促・集客のための経費を集計し、報告して、認定されたこと。

h2 申請書類の一覧と期限

 小規模事業者持続化補助金の必要書類は以下の通りです

様式1-1小規模事業者持続化補助金事業に係る申請書
様式2経営計画書
様式3支援機関確認書※管轄の商工会連合会や商工会議所で入手する 
様式4補助金交付申請書
様式5概算払請求書(希望者のみ) ※コロナ特別型の特例 を利用する方のみ 。売上が減少してない方や即時支給を希望しない方は不要です。 

 この中でも様式1-1、様式4、様式5については、比較的簡単に記入をすますことができます。問題は様式2の経営計画書です。この計画書の作成が採択されるかどうかに非常に大きな影響を与え、命運を分けます。

 また、今年度の今後の期限については以下の通りです。

  • 2020年10月2日(金)【最終日当日消印有効】
  • 2021年2月5日(金)【最終日当日消印有効】

 期限がある書類なので、時間がない中でもスケジュールに余裕をもって作成を進めていかなければなりません。

h2 申請書の書き方が分かれ道

 繰り返しですが、この補助金は採択されるまでのハードルが高いことで有名です。申請書類がきちんと書かれているかどうかで、採択されるかどうかが決まります。例えば、様式2の経営計画書の記入にあたっては、主に以下のポイントを押さえておく必要があります。

  • 論理的で一貫性がある
  • 具体的に書かれていて、現実味がある
  • 共感・納得させることができる

 これらのポイントを押さえているかどうかが、採択/不採択を分けます。

 提出された計画書に基づき、専門家が加点方式で総合的な評価を行います。そしてその評価が高いものから順に採択されていきます。

 初めて書類を作る方や、書類を作成する時間がない方は、いまいちイメージがわかず、少し不安を感じるかもしれません。 でも大丈夫です。次に、解決方法をご提示します。

h2 事業計画書のテンプレートを活用する

 書類の作成に自信のない方や、確実に補助金をつかみに行きたい方は事業計画書のテンプレートを活用することがお勧めです。 主な理由は以下の三つです。

  • 採択される可能性が高くなる
  • 書類作成を短時間で済ますことができ、事業に充てる時間を確保できる
  • 次回の申請時にも使用できる

 事業計画書の作成にあたっては、プロが採択されるように作ったテンプレートを活用することが最も採択を勝ち取る近道です。自分で迷いながら知識不足で書くよりも、テンプレートを活用することで 、審査員が目を引くポイントをおさえて書くことができます。また、自分で調べる時間や悩む時間が減るため、大変な書類でも短時間で書き終えることができます。自分の事業にかける時間を増やせるのもメリットです。 そして、一度テンプレートを手に入れてしまえば、次回以降もそのテンプレートを活用することができます。

  継続的に補助金を受け取れることや、書類作成のための時間も最短で終わらせることで時間の節約もできることを考えると、テンプレートを購入する初期投資はとても安いものです。ぜひテンプレートを活用しましょう。

h2 まとめ

 小規模事業者持続化補助金の申請にあたっては、特に様式2の経営計画書の作成が鍵となります。採択されるために必要なポイントを踏まえ、 専門家に評価されるように記述していく必要があります。

 この補助金のハードルは非常に高いため、事業計画書今まで作成した経験が無い方や、確実に補助金をつかみたい方は、事業計画書のテンプレートを活用し、安心して書類作成を行うことがお勧めです。ぜひ、補助金を勝ち取りにいきましょう!

小規模事業者補助金!確実に採択を勝ち取る!事業計画書のテンプレート

小規模事業者持続化補助金!
プロが採択される為に作成した!

顧問先様には先に配しておりますサービスです。

もちろん書類作成もさせて頂いております

お気軽にお問い合わせ下さい